ANA株主優待券(株主優待番号ご案内書)・JAL株主優待券の買取はACチケット その他鉄道会社

株主優待券高額買取り 株主優待券とは?

株主優待券買取りメニュー

SSL

株主優待券種類
その他鉄道会社

東急電鉄

東急電鉄 株主優待の割り当て基準日は年に2回、3月31日と9月30日となっています。
手元に届いた時点ですぐに優待制度は利用することが可能です。
1000株以上を保有しているようであれば「株主優待乗車証」というものを配布されるかと思います。
1枚につき、東急線または東急バスの片道1乗車を利用していただくことが出来る「電車・東急バス全線きっぷ」というものがあります。
また、有効期間内でしたら、東急線の電車などを何度でも利用できる「電車全線パス電車東急バス全線パス」というものも配布されるのです。

こうしたものに関しては、チケットをそのまま利用していただくことの可能となっていますが、PASMOなどに移し変えて利用することも可能となっていますから、移行をする際は窓口などで手続きを行うようにしてください。

そして電車・バスばかりではなく、各グループ会社の割引システムも受けることが出来るのです。
東急百貨店のお買い物10%割引券・東急ストアお買い物50円割引券・東急ホテルズ客室料金30%割引・Bunkamuraザ・ミュージアム・五島美術館の招待券が配布されます。

保有株数によって優待券の配布枚数は変り、最大57000株以上の保有で全線パス1枚・全線きっぷ30枚が配布となります。
また、3年以上にわたり一定株数を保有することにより追加などのシステムもあります。

小田急電鉄

小田急電鉄 株主優待の割り当て基準場は年に2回、3月31日と9月30日となっています。
1000枚の保有から株主優待券を配布されるようになっています。
小田急線全線優待乗車証(回数券制)のものが配布されます。
更に、小田急グループ各社の割引券も配布されるようになっています。
小田急百貨店のお買い物10%割引券・小田急ホテルグループの宿泊・レストラン料金の割引券(ホテルによって割引率変動あり)・国内ツアー最大50%割引・海外ツアー30%割引といった優待を受けることも可能です。
また、レストランなどの割引も受けることが出来ます。
小田急グループ各施設などの割引も受けることが出来ます。
詳細な冊子などが配られるかと思いますので確認することが出来るでしょう。

そして、30000株以上を保有している方ですと、最大4名様までのゴルフクラブの割引制度や小田急電鉄オリジナルカレンダーの配布なども用意されています。
小田急電鉄に関しても、記名制のPASMOであれば乗車証を移し変えることが出来ますので、移行手続きを窓口などで行ってください。

ページのトップへ