ANA株主優待券(株主優待番号ご案内書)・JAL株主優待券の買取はACチケット ANA株主になる手順と方法

株主優待券高額買取り 株主優待券とは?

株主優待券買取りメニュー

ANA
株主になる手順と方法

ANAの株主優待を受けてみたい・・・そのような方は、ANAの株主になる必要性があります。
といっても、具体的にどのように株主になるのか分からないという場合もありますよね。
ここで、株主になる方法について触れていきたいと思います。

先ずは証券会社を通して株券を購入します。

証券会社はどこを使用しても購入することが出来ます。
証券会社に口座を開設するのです。
東証一部上場のANA(正式名称は全日空の株券を購入するのですが、「単位株数」というものがあるのです。
単位株数とは、1回に購入をする株数のことです。
ANAの場合ですと1000株からになりますので、最低でもその数を購入する必要があります。
価格に関しては、その日ごとの「終値」というもので決定されていますので、変動するものなのです。
動向に合わせて自分の良いと思ったタイミングで購入をすると良いですね。
株券の購入方法
また、必ず希望通りに購入できるという確実性は無いということも頭に入れておくと良いでしょう。
「買い注文」の値段と、「売り注文」の値段が合い、順番がくれば購入することが出来るでしょう。
口座に入っていてる金額を使って株券を購入することになりますので、予め口座に入れておきましょう。

発行基準日にこのように株を保有していると、株数に応じて株主優待をうけることができるのです。
ANAの場合ですと、発行基準日が3月31日と9月30日の年に2回となっています。
発行基準日から起算して3営業日前の「権利付最終日」までに購入手続きをしておきましょう。
権利付き最終日の大引けまで売却せずに保有していることも条件となります。

基本的にはこのようなスタンスで購入することが出来ますので、さほど難しいものではないでしょう。

また一回に1000株購入できないという場合ですと「ミニ株」という方法で購入することも可能です。
単位株数の10分の1での取引が出来るのです。
ただし、優待に関しては1000株以上の保有が条件となりますので、ミニ株を買い増して1000株に達するまでは優待制度をうけることはできません。
もちろん、配当の配分や株式分割の割り当てなども保有株数に応じての正規分配となります。

株に関してベーシックな知識があると、スムーズにやり取りを行うことができますので、少し勉強しておくというのも良いかと思いますよ。
また、証券会社の方に色々と指示を仰ぐというのも良いかと思います。
株主になりたいなどと考えている方はぜひとも参考にしてみてください。

ページのトップへ