ANA株主優待券(株主優待番号ご案内書)・JAL株主優待券の買取はACチケット JR

株主優待券高額買取り 株主優待券とは?

株主優待券買取りメニュー

SSL

株主優待券種類
JR東日本・西日本・東海

JR東日本

JR東日本 100株の保有から配布されるスタンスです。
毎年、年度末に株主名簿に記載されているまたは記録されている方全員に配布されるのです。
100株〜1000株の保有ですと、100株保有ごとに1枚優待券が追加されていきます。
最大の場合ですと、1000000株以上保有の場合に500枚の配布となります。

配布時期ですが、5月の下旬の年に1回となっています。
有効期間は6月1日から翌年の5月31日までの1年間となっております。
有効期間中に、乗車券を予約購入された場合はそのチケットなどに記載された期限となります。

1枚につき、お一人様1回の割引を受けることが出来、1枚利用で2割引とされます。
2枚まで同時に利用することが出来て最大4割引を限度とされているのです。

JR東日本の営業経路内であれば、普通片道乗車券として利用することが出来ます。
特急券・急行券、またはグリーン車などの場合は座席数指定があり、一列車とされています。

日常的に使用されることのおおい定期や回数券、Suicaなどにたいして株主優待券を使用することは出来ませんので注意しましょう。
また、重複適用ができませんので、優待券のみを活用して割引をしてもらうというのがその利用方法となります。

紛失などをしてしまい株主優待券を再発行してもらいたいなどというケースにおいては、不可となりますので紛失などはしないようにしてください。

JR西日本

JR西日本 100株の保有から取得可能となっています。
優待券1枚に付き、50%の割引で乗車していただくことが可能となっています。
経路内であれば利用できますが、宮島フェリーは割引対象区間から除かれますのでご注意ください。
グリーン車、特急・急行などにも利用していただけます。
グループ会社などのホテル割引などにも活用できます。

JR東海

JR東海 100株の保有から株主優待券の取得が可能となっています。
権利確定月は3月。年に1回の配布が基本です。
一年を通してどのような時期にも株主優待券を使ってチケットを購入することが出来るようになっています。
1枚の利用につき1割引・最大2枚まで利用することが可能となっています。
重複割引などは出来ませんから、優待券を使用する場合は他の割引システムは利用できなくなりますので注意しましょう。
特急、急行、グリーン車指定券などに利用出来るようになっていますので予約をする際などに株主優待割引制度を利用する旨を伝えるようにしてください。
ページのトップへ