ANA株主優待券(株主優待番号ご案内書)・JAL株主優待券の買取はACチケット JAL株主割引券特徴

株主優待券高額買取り 株主優待券とは?

株主優待券買取りメニュー

SSL

株主優待券種類
航空会社

ANA

1000株以上を保有しているとANA株主優待券(株主優待番号ご案内書)を配布される制度となっています。
5月下旬と11月下旬の2回に分けて権利が確定され郵送というかたちで届けられてきます。
詳しい内容ですが、国内営業全部の経路の片道1区間を通常料金の50%割引で利用していただくことが出来るのです。
またそれに加えてグループ各社の優待クーポンなどがついている冊子が送られてくるのです。
ゴルフクラブの利用割引などが冊子の中には入っています。
保有株数により、優待券の枚数は変ってきます。
1000株の保有で1枚・2000株の保有で2枚、1000000株の保有で254枚+1000000株超過分として8000株保有ごとに1枚追加されます。
予約の際に、ANA株主優待券(株主優待番号ご案内書)を利用する旨を伝えるようにしてください。
また、状況により予約などが出来ない可能性もあります。

JAL

100株からJAL株主割引券を取得することができるようになっています。
100株の保有で1枚・300株からの保有で2枚という具合に増えて行きます。
また、3年以上連続して株を保有すれば追加で優待券を配布してくれるというシステムもあるのです。
使用条件は片道1区間を50%割引で利用できるというもの。
なお、ファーストクラスなどの利用は不可能になりますが、差額を支払うことにより搭乗することが可能になります。
一部便においては座席数の指定や満席という時には利用が出来ないこともあります。
また、ツアー割引チケットなども合わせて配布されます。
このような割引券を利用する際は、予約の段階で利用する旨を伝えてください。
便によっては、座席数の指定などがあることや予約不可能な状況の時もあります。

スターフライヤー

100株の保有ごとに、50%割引の株主優待券が3枚配られるようになっています。
また、このような株主優待券を使ってのフライトを行う場合にもマイルが貯められるというシステムも存在しています。
座席数の制限などはあるものの、当日まで予約が可能となっております。
予約の際には株主優待券を使用することを伝えましょう。
また予約内容の変更なども可能となっています。
「通常期」と「ピーク期」によって割引率などが変動しますので、ウェブページなどで確認をしておくと良いでしょう。
前期・後期の2回に株の保有数に合わせて配布され、それぞれの使用期間は半年間となっています。
満席時など一部の状況・期間に対して制限が掛かる場合もあります。

ページのトップへ